文部科学省から設置可の通知がありました
MENU
Contact
金沢大学 ロゴ融合学域
先導学類
MENU

特長

文理融合の多彩な授業科目から、個人に最適な授業科目を選定するため、教員による手厚い履修指導を行います。
融合学域では、学生自らが設定した課題に応じたオーダーメード型の学びを創り上げます。

1.文理融合エリアで専門知識を身に付ける

  • 〈コアエリア×探求エリア〉による学修を実践します。
    片寄りのない文理融合エリアのもと、自らの志向に合わせて最新知見や科学技術を広く深く学ぶことができます。

[コアエリア × 探求エリア]

専門基礎を体系的に学修しながら、先鋭的な学びも横断して学修できるカリキュラム。

3つの
コアエリア
3つのコアエリア
3つのコアエリアの配置科目を並行学修し、未来課題を幅広く学んだ後に自身の課題の方向性を決定します。
2つの
探求エリア
2つの探求エリア
オーダーメード型の履修指導に基づき、2つの探求エリアの研究分野で往還的に学修しながら、自身の課題の方向性に沿って多様な分野を探求します。

3つのコアエリアを並行学修

3つのコアエリアの配置科目を並行学修し、未来課題を幅広く学んだ後に自身の課題の方向性を決定します。
番号
コアエリアⅠ
社会循環コア
人文・社会科学やファイナンスを起点に、社会変動等の複雑な事象や未来課題等について体系的に学び、社会の知の循環を先導
学修キーワード鍵
  • #社会変動
  • #フィンテック
  • #消費生活
  • #Society 5.0
  • #ファイナンス
番号
コアエリアⅡ
世界共創コア
学際科学やマーケティングを起点に、グローバル化する世界の事象や未来課題等について体系的に学び、世界の知の共創を先導
学修キーワード鍵
  • #グローバル課題
  • #SDGs
  • #ダイバーシティ
  • #国際共助
  • #マーケティング
番号
コアエリアⅢ
科学創発コア
自然科学やテクノロジーを起点に、科学技術等の先進の事象や未来課題等について体系的に学び、科学の知の進展を先導
学修キーワード鍵
  • #未来医科学
  • #人工知能
  • #IoT技術
  • #トレンド技術
  • #テクノロジー

2つの探求エリアを往還学修

オーダーメード型の履修指導に基づき、2つの探求エリアの配置科目を往還的に学修しながら、自身の課題の方向性に沿って多様な分野を探求します。
番号
探求エリアA
環境・社会
全体最適な環境・社会の構造発展に必要な、最先端の専門知と実践力を獲得
番号
探求エリアB
人間・自然
持続可能な人間・自然の基盤進化に必要な、最先端の専門知と実践力を獲得

POINTバックキャスティング学修

【未来の自分】を起点に、今必要な学びを選択できる
未来の社会で活躍する理想の自分を思い描いたとき、学び足りないと感じる分野が出てくる場合も。
そんな時、本学類では先導学知フェーズへ進んだ後でも、立ち戻って専門基礎科目を学ぶことができます。
バックキャスティング学修
統計データを活用して、訪日旅行客向け観光マーケティングをやりたいと考えたとき、世界で起きている気候変動についての知識があれば、将来的に統計データを分析するときの新しい視点が得られると考えて、専門基礎科目の「数理統計学基礎」を受講することにした。

2.多様な人・価値観に触れ、人間力を鍛える

  • 1年次は【金沢大学〈グローバル〉スタンダード(KUGS)】に基づいて共通教育科目を中心に学修し、常に恐れることなく困難に立ち向かっていける能力・体力・人間力を養います。
  • 2年次以上では、アントレプレナーインターンシップ・海外実践留学・国際インターンシップなど国内外への派遣を必修とし、社会に飛び出して沢山の経験を積み、実践力を身に付けます。

[金沢大学〈グローバル〉スタンダード]

金沢大学独自の人材育成基準(5つの学修成果)

KUGS
  1. 自己の立ち位置を知る
  2. 自己を知り、自己を鍛える
  3. 考え・価値観を表現する
  4. 世界とつながる
  5. 未来の課題に取り組む

[アントレプレナーインターンシップ]

産業界と連携し、学内外で起業家精神や実践手法を学ぶ。

アントレプレナーインターンシップ
アントレプレナーインターンシップ

3.未来の課題に取り組み、社会変革に踏み出す

  • 3年次半ばから4年次には、身に付けた知見を連携・融合し、自身の設定した課題解決やインターンシップによる実証実験・社会実装プロジェクト等の立ち上げに挑戦できます。学生自らが企画・立案し、現実社会のシステムや制度、未来の課題を対象に自由な発想で教員や学外者と共にアプローチし、より実践的に学びます。

[プロジェクト実践型演習]

自らが設定した未来課題とその解決策について、より実践的なものとして深化させる。
プロジェクト実践型演習
プロジェクト実践型演習
プロジェクト実践型演習
TOP