本サイトの内容は全て「構想(案)」であり、
今後「変更もありうる」ことを特に記します。
E-mail
 
印刷PDF
 
MENU
 

金沢大学

金沢大学 融合科学域先導学類(仮称)

コンセプト

自分を変える
未来も変える

新しい知識との出会いが、挑戦できるチャンスが、ここにある。
多角的に見渡せる視野を身に付け、広く深い知識を翼に変えて
目の前に広がる空へ飛び立とう。
空にはボーダーラインなんかない。
限界も可能性も自分で変えられる。
未来を想像するんじゃなくここから創造しよう。

黄色い鳥

黄色い鳥

黄色い鳥

黄色い鳥

融合科学域先導学類(仮称)の特長

特徴01 柔軟に学ぼう!

文理融合プログラムで専門知識を身に付ける

〈コアプログラム×探求エリア〉による学修を実践。
片寄りのない文理融合プログラムのもと、自らの志向に合わせて最新知見や科学技術を広く深く学ぶことができます。

コアプログラム × 探求エリア展開

基礎を体系的に学修しながら、先鋭的な学びも横断して学修できるカリキュラム。
コアプログラム × 探求エリア展開
基礎を体系的に学修しながら、先鋭的な学びも横断して学修できるカリキュラム

特徴02 社会へ飛び出そう!

多様な人・価値観に触れ、人間力を鍛える

1年次は【金沢大学〈グローバル〉スタンダード(KUGS)】に基づいて学修し、常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける能力・体力・人間力を養います。
アントレプレナー基礎演習/発展演習・海外実践留学・国際インターンシップなど国内外への派遣を必修とし、社会に飛び出して沢山の経験を積み、実践力を身に付けます。

金沢大学〈グローバル〉スタンダード

金沢大学独自の人材育成基準。

金沢大学〈グローバル〉スタンダード

アントレプレナー演習

産業界と連携し、学内外で起業家精神や実践手法を学ぶ。

アントレプレナー演習

アントレプレナー演習

特徴03 自ら実践しよう!

未来の課題に取り組み、社会変革に踏み出す

4年次には身に付けた知見を融合し、プロジェクト実践に取り組みます。 学生自らが企画・立案し、現実社会のシステムや制度、未来の課題を対象に自由な発想で教員や学外者と共にアプローチします。

プロジェクト実践型演習・実習

自身の設定した課題解決や、実証実験・社会実装プロジェクトを立ち上げて挑戦する。

プロジェクト実践型演習・実習

イノベーションに挑戦

イノベーションに挑戦

教育プログラム

教育プログラムと育成する人材像

養成する人材像

今社会に求められているのは、文理にとらわれない幅広い分野の専門知識と、グローバルな観点、社会を変えていく実践力です。
金沢大学の新学域、融合科学域先導学類(仮称)では、自己の鍛錬を続けながら、人・科学・社会を変えていく意欲を持ち、人文・社会・自然等の科学分野の知識を幅広く身に付け、それらの知識を融合し、他者とも協力して新たな価値を創り上げる力を持つ、そんな人材を養成します。
より教育の効果を上げるため、〈文理不問入試〉などの多彩な入試によって、学修歴、年齢、国籍、社会人経験等を超えた、多様な学生を受け入れ、学修環境の活性化を図ります。
新学域では、イノベーションの創成をリードする社会変革人材を養成し、社会に送り出していきます。

イノベーションとは ・・・ 技術の革新にとどまらず、新たな考え方、仕組みを取り入れて、新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすこと

養成する人材像

設置構想図

文理にとらわれない〈新学域・新学類〉としての設置を構想しています。

設置構想図
設置構想図
TOP