MENU
金沢大学 ロゴ融合学域
MENU
観光デザイン学類(仮称)

学生指導体制

学生指導体制

融合学域では、文理融合の多彩な授業科目から、個人に最適な授業科目を選定するため、教員による手厚い履修指導を行います。学生と教員等との協働の場として、毎年次ガイダンスを開催し、未来課題の方向性と課題解決の糸口を結び付けながら、学生の出口志向等を見据えたオーダーメード型の「学びの計画書」を作成していきます。

入学時入学ガイダンス

入学者を対象に、履修ガイダンス及び学類オリエンテーションを行います。

1年次基盤ガイダンス

クラスごとに配置する指導教員から、履修方法や正課外での活動を含む教務・学生生活全般にわたる指導を受けます。

2年次融合ガイダンス

各学生の共通教育科目における履修状況や学修進度等を踏まえ、オーダーメード型の「学びの計画書Ⅰ」を作成します。体系化した学びから課題を設定し、教員のアドバイスにより自身の将来像を明確にしていきます。

3年次探求ガイダンス

コアエリアにおける履修状況や学修進度、未来課題設定に向けた方向性等を踏まえ、「学びの計画書Ⅱ」を作成します。必要に応じて他学類開講科目の履修や、基礎的な知見を身につけるためのバックキャスティング学修※を取り入れます。教員の指導による、多様な分野の学びも未来課題設定につながる道筋になります。

4年次確立ガイダンス

指導教員が「学びの計画書Ⅰ・Ⅱ」の進捗を確認すると共に、個人の学びに応じたバックキャスティング学修※や他学類開講科目も含めて履修を指導します。さらに、卒業研究・演習に関し、必要に応じて指導教員とは異なる分野の専門家や企業家からの指導を受けるようアドバイスします。

※バックキャスティング学修についてはこちら

他にも相談・支援・指導を受けられるチャンネルを多数準備しています。
  • 学生支援課就職支援室:キャリアコンサルタントやキャリア・産業カウンセラー、産業界、学外経験者
  • 保健管理センター:フィジカルやメンタルの相談に医師・公認心理師・保健師・看護師
  • なんでも相談室(主に1年次)
  • 障がい学生支援室
このほか、融合系事務部の事務職員が、貴方を待っています。
外国人留学生の日本就職促進

日本での就職を目指す外国人留学生には、入学時からビジネス活用や日本語能力獲得を重視しながら融合学域の教育課程を学修する特別指導を行い、学費減免や給付型少額制度等の手厚い学生生活支援を計画しています。

上記は、設置申請中のものであり、今後変更もあり得ます。

TOP